週1回更新のアドセンスブログ!8か月目で月8000円達成したデータいろいろ

ブログでアドセンスをやるにあたって、ひとつの目標だった月8000円を2015年2月についに達成できました!
アドセンスのお支払基準額である8000円。これを安定して超えることが出来れば毎月銀行にお金が振り込まれてきます。
安定大事。

記念にいろいろ数字を書いていくので、ブログでアドセンスをやっている人の参考になったらうれしいです。

アドセンスで月8000円達成したブログのデータいろいろ

残念ながらブログurlは公開しませんが、出来る限り詳細なデータを公開します。

ジャンル

ジャンルはズバリ「介護」です。
僕の本業。

ブログネタとしては鉄板ですが、本業のことで勉強したこと、感じたことをアウトプットするためのブログです。
本業にもプラスになって収益も得られてまさに一石二鳥!
市場的にもこれから20年は確実に伸びていくので、アクセスも同様に伸ばしやすいはず。

中長期のトレンドを狙ったジャンル特化型のブログですね。

ターゲット、キーワード

ターゲットは、基本的には自分と同じ介護職に設定して記事を書く事が多いです。
時々、家庭で介護をしている人や仕事全般のことも書いていますがそれはあまりアクセスを集められていません。

特定のキーワードを狙って書くことはありませんが、1記事につき1クエリ増えればいいなって考えて記事タイトルをつけています。

目標

続けることが最大の目標です。
ただし、週1回は更新したいとは思っていますが、書きたいことがなかったり忙しくて時間が取れなかったりする時は書きません。
記事を書かなきゃいけないってプレッシャーはゼロです。

まあ、本業の勉強ブログなので記事が書けないってことは成長してないってこと。それはそれでまずい。
今のところ書きたいことが有り余っている状態なので問題はありません。

もう1つの目標としては「介護 ブログ」検索した時に1位をとること。
現在はやっと100位以内に入るかどうかってところですね。

グーグルからこのブログは介護に関して信頼できることが書いてあるって認められたい。
そのためのSEO的なことはするつもりはありませんが、良記事を継続してアップすること。
それが最高のSEOだとは思います。

ブログを継続するためにしたこと

ブログを継続することが目標なので、そのために記事を書くためのネタは最初にピックアップしました。
それがカテゴリーに該当するわけですが、一部紹介するとこんな感じです。

・新聞記事でひとこと
・読んだ本の感想
・仕事で感じたこと

これを考えておいたことで、ブログ記事のネタに困ることは全くありません。

これはこのブログの場合ですが、最初にカテゴリーを考える(ブログのネタ元を考える)のは、ブログを継続するために大事です。

更新頻度

更新頻度は、この記事のタイトルにある通り週1回程度です。
2014年7月にブログを開始してから現在(2015年3月)まで、それを継続できています。
10日以上更新が滞ったことはないですね。

文字数

各記事の文字数もブログを書く人にとっては気になるところでしょう。
何文字以上ならグーグルからの評価が高いって話題はよくありますからね。

このブログの場合、正直、文字数を気にして記事を書いたことはありません。
記事タイトルに対してきちんと答えを書けているかだけを考えています。

が、平均すると1000~2000文字に収まると思います。

2000文字以上になってしまう時は記事を分割できないか考えます。
理由としては、わりとマジメな内容を扱っているので、あまり文字数が多いとユーザーが読むのに疲れちゃうと思うんですよね。
特にスマホでは読むのに疲れます。

その限界が2000文字。
これは完全に僕の主観ですが、ユーザーのことを考えた結果分割することが多いです。

アクセス数など

ブログ開始後8か月目、2015年2月の数字です。

ページビュー数/23,159
ページ/セッション/1.74
平均セッション時間/00:01:51
直帰率/69.40%
新規セッション率/79.02%

この数字が良いのか悪いのかよくわかりません。
誰か教えてください!

収益額

ブログ開始後8か月目、2015年2月のアドセンス収益額は8144円です。
1年ぐらいは収益ゼロに近いだろうと思ってたので、予想よりもだいぶ早く数字が上がってきました。

記事数とアクセス数と収益額の推移

わかりやすいように記事数とアクセス数と収益額の推移を表にしました。

記事数 総記事数 pv アドセンス収益
7月 5 5 22 0
8月 6 11 189 160
9月 7 18 486 92
10月 4 22 1218 498
11月 6 28 2104 379
12月 4 32 6062 2309
1月 5 37 20248 5190
2月 4 41 23159 8144

どこかでバズったというのはありません。
段階的にアクセス数が増えてきた感じですね。

バズは好きじゃない

個人的な話ですが、バズが好きではありません。
バズってアクセスが増えるのは良いんだけどさ、その後減るじゃない。バズなんだから。
それが嫌なのよね、収益性も低いし。ページ/セッション直帰率もダウンしやすい。
結果的にブログにとってマイナスも多いかなって考えです。
ターゲットじゃない流入は、出来る限り抑えた方が長期的にはプラスなはず。

ブログに基礎体力があったり、何度もバズらせることが出来るなら別ですが、僕にはちょっとできそうにない。
安定的にブログを成長させたいので、バズを狙わなくっても良いかなって方針です。

SNS

SNSは、ほとんど運用していません。
いちおうtwitterとfacebookページのアカウントは取っていますが、更新情報を流すだけです。
フォロー返しはしていますが、日常的なつぶやきなどは手間なのでしていません。

twitter/フォロワー数17
facebookページ/いいね1

今後も特に力をいれるつもりもありません。
あ、はてブは1かな。

アクセス傾向

集客方法ですが、圧倒的に検索頼りです。

Organic Search/88%
Direct/10%
Referral/2%
Social/0%(0.18%)

Socialなんてくそくらえ。とは思っていませんが、面倒なんだもん。
Directが増えるとめっちゃ嬉しいですね、特にトップページね。rssリーダーの登録数も同様です。良い記事を更新し続ければOrganic Searchがどんどん増えるので、Directの割合はなかなか増えないのですがセッションの数は増加し続けています。心の支えです。

SNSと外部リンクに頼らないSEO対策

アクセスを増やすためにやっていること。
上記のとおりSNSの活用とかバズを狙うとかはやってません。

1.抽象的な考え方ですが、良い記事を継続して投稿することによってブログ自体の信頼度(ドメインパワー)を高めて検索流入を増やす
2.その検索流入からブログのファンになってもらう
3・ファンが再訪することでドメインパワーがさらに上がり検索流入が増える

簡単にいうと良い記事を継続して投稿するだけです。

ブログが他のサイトから信頼されているあかしである被リンクも超大事なのですが、なかなか自分ではコントロールが難しいです。
自分で出来ることをしっかりとやっていればグーグルは評価してくれると思っているので、その基本となるのはやっぱり記事ですからね。

ドメインパワーを高めるために意識して改善している指標

とはいっても、多少はアナリティクスの数字を見ながら改善も行なっています。
被リンクが外部からの評価であることに対して、ブログにアクセスしてきたユーザーがどのようなアクションをするかで内部の評価が決まります。

僕が、意識しているのは「ページ/セッション」「直帰率」ですね。
改善するにはどちらも同じような指標ですが、新規訪問ユーザーがもう1ページ見てくれるかが超大事です。つまり内部リンク。

記事内に内部リンクを効果的に仕込みます。もちろん手動ですよ。
ブログだと記事下に関連記事を表示しているデザインが多いですが、いろいろな方のブログを見てもあれで狙っている関連記事が表示されていることはほとんどないと思います。設定にもよるのでしょうが、精度は低いです。
記事下の関連記事の表示は、設置するだけなので楽だから僕も使用していますが、効果は低いですね。
内部リンクは手動で記事中に設置するべきです。しかもきちんとコメントもつけてユーザーにクリックしてもらえるように促すとなおいいですね。

特にアクセス数が多い記事から優先的にチェックすると効果が高いです。
アクセス数が多い記事で、設置できるような内部リンク(関連記事)がない場合は関連記事になりえる記事を新規で書きます。

これを継続することで「ページ/セッション」「直帰率」を確実に改善できます。

「平均セッション時間」は、テキスト量にもよるし「ページ/セッション」が改善されれば自然と伸びていくのであまり気にしていません。
「新規セッション率」は、いま検索流入が増え続けているのでどんどん高くなる傾向にありますがいずれは50%を切りたいですね。リピーターだらけにするのが大きな目標です。

まとめ

ということで良い記事を書き続けたらアクセス数が増えて、それにつれて収益も増えてきたお話でした。
ご意見、ご感想、ご質問、アドバイス等は、コメント欄かツイッター(@marugaohide)からお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です