【随時更新】アフィリエイトで参考になった記事の総まとめ

notepc
アフィリエイトをするうえで、参考になった記事の自分用メモです。

アフィリエイトで参考になった記事

サイト作成方法

わからないことはまず検索してみて、検索エンジンのヘビーユーザーになることは、検索エンジンを理解する上でとても役立つはず。(※ただし、それと同時に、検索に慣れないうちのことも覚えておくのも大事。自分のまわりの人の様子を見るのでもよいですが、検索が上手でないユーザーがどういう検索をするかという視点も大事です)

キーワードとかカテゴリの設定はあとあとすごく重要な部分ですが、気を付けたいのはあれこれ考えてスピードが落ちてしまうことです。性格的なところもありますが僕は迷ったらどんどん作っちゃうことにしてました。

あなたも生活していく上でお金を使う以上、「あなたの財布を狙う企業からすれば、あなた自身も立派なペルソナである」というのが、いくつかある理由のうちの一つです。

失敗しない人なんていないんですよね。やらないとだめです。考えるより聞くより迷うより先にやってみるべしです。
失敗も経験って考えたらプラスなんですよ。次はその失敗を避けて通れるじゃないですか。
とにかくやってみましょう。動きましょう。
迷うだけなら簡単。自分で動かなきゃダメです。

・成約率の高いサイト作り
・リサーチに時間をかける
・メディアや大規模サイトは作らない
・キーワードに頼らないサイト作り
・結論を書く
・ユーザー目線
・広告ありきで考える
・リンクは必要

記事の書き方、修正方法

一言コメント:1にスマホ、2にスマホ、3.4もスマホ、5にPCぐらいの感覚。

大切なのは一度完成したページを完璧と思うこと無く、テストを繰り返し最善を探し出すことです。

ユーザーの目線を持つことで、内容が同じであっても全く成約率は変わってきます。
ユーザー心理を考えたコンテンツ作りをすることが今後は非常に重要だと感がています。

ページ量産型サイトの場合、検索エンジン経由のアクセスがゼロというページも出てきますが、そういったページは修正してアクセスを増やすかnoindexを入れるか、削除するかなどの対策を行いたい所です。

検索エンジンからのアクセス数が少ないページの修正にも飽きてきたので、今度はGoogle Search Console(以下サチコ)の検索クエリを見ながら記事の追加や修正を行っています。

アフィリエイトは、ただ記事を書き続ける作業では無くて、CVするキーワードで記事を書き続けることが一番大事です。

ターゲットを絞ったところでターゲット以外のユーザーに極端に読まれなくなることはないし、ターゲットには強烈に響く文章を書けるようになるからターゲットは絞りましょう、ということです。

「どうやって読者を広告へ導いているか」「記事の構成はどうなっているか」を中心にメモ書き的にここに残しておく。

ここまで稼げたのは、間違いなく本・アフィリエイト向けのWebサイトやブログのお陰です。自分1人でアフィリエイトやっていた当初は、手探り状態で全く稼げませんでした。しかし、本・Webで情報収取してかたは、驚くくらいアフィリエイトの成果が成長しました。

外注化

私が手っ取り早く外注化を進めた方法は、
1.自分で記事を書かない
2.有能なライターを探さない
この2つの徹底です。

「外注記事の添削に時間かかりすぎ」というのは誰もが一度は感じたことがあるのではないでしょうか。外注さんにある程度の分量以上の記事を依頼する場合には、効率よく添削できる環境を作ることが大切です。

依頼のポイント
1.本文を細かく分ける
2.実際のサイトを見せる
3.依頼文字数は少なめがベター
4.同じ人にたくさん書いてもらう

seo対策、アクセスアップ

・アクセスを集めたいなら何よりも検索!
・まとまったアクセスが欲しいなら、自分の大好きな分野でまとめ記事を書こう!ただ「まとめだだけ」のキュレーションサイトに負けるな!
・キュレーションサイトに負けないまとめ記事に必要なものは「それに対する情熱」と「実際の体験」!
・とりあえずタイトルは大事だよ!
・ブログを書くための「手段」を「目的」と勘違いしないように!
・継続的に過去記事の見直しを! 追記を! 更新と同じくらい過去記事の見直しは大切!
・ラッキーで伸びた記事はモノにしよう!
・雑記ブログなら何でも書け!
・消費や浪費を、そのまま終わらせないで記事にしよう!
・とにかく楽しもう!

熱意のある文章はしっかり読まれる傾向にある(=離脱率が低い、滞在時間が長いなど)ために、結果的にGoogleで検索上位表示される…ということです。アルゴリズムで熱意を判別しているわけではありません。
 1.熱意のある記事を書く
 2.その記事を最後までしっかり読む人が増える(離脱率が低く、滞在時間が長い)
 3.Googleがその記事の検索順位をあげる

検索エンジンスパムという安易な手法は今後通用しなくなるし、コンテンツも便利なツールが出てきて差別化し辛くなってくるので、よりユーザーに寄り添った、たくさん読んでもらえてファンになってもらえるような、多くの人から応援されるメディア運営を目指しましょう。

考え方、自己啓発

マイナスでないことは全部やる
SEOは答えがありません。ああだこうだ言う人がいますし私も言いますが、どうすれば上位表示できるかというのが完璧に分かる人はいません。1年間サイトアフィリをする中で思ったのは、マイナスにならないことは全部やるのがよい。

結果だけが、あなたを守る: 川鍋一朗
重要なものより、結果が出やすいものに取り組む
質より量、10やれば2~3は当たる

その他

「承認率が悪い = 案件が悪い」というのは誤解ですよ、ということです。もちろん、どうしようもない案件もあるかもしれませんが、多くの場合では攻め方一つでも承認率は大きく変わるというのを知ってほしかったです。

自分の強みとポリシーをしっかり見つめ直し、素直に考えるのがベストだと思います。

勉強会や飲み会で組織化されている方とお話しすると、やはりスタッフの育成についての話になることが多いので、そのスタッフをどう採用して、育てていったのか記事にしてみました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です