副業アフィリエイトの確定申告でやったことまとめ

tax-man
副業でやっているアフィリエイトの収益が年間20万円を超えたので確定申告が必要になりました。

初めてのことだったので検索しまくりで、何とか完成までこぎつけました。
来年また迷うことがないように、やったことをまとめておきます。

事前準備としてアフィリエイト用の銀行口座とクレジットカードを用意

プライベートなお金と副業でのお金が混ざると後々面倒妥当と思い、アフィリエイト用の銀行口座とクレジットカードを用意して使っていました。
これは我ながらファインプレーでしたね。
確定申告の作業がだいぶ楽になりました。

銀行口座はネットバンクの「ソニー銀行(MONEYKit)」、クレジットカードは「P-oneカード」を使用しています。

アフィリエイト用の銀行口座にネットバンクのソニー銀行(MONEYKit)を使用している理由

アフィリエイト報酬の振込先をプライベート用の銀行口座と分けるために、新しくネット銀行の口座を作りました。
作った口座は、ソニー銀行です。

正直言ってどこの口座でも条件はほとんど同じなのでどこでもよかったのですが、自分がよく使うATM(セブン・ローソン・三井住友・郵貯など)の利用手数料が無料だったのでソニー銀行にしました。

手数料一覧/ソニー銀行

クレジットカードのおすすめはポケットカード(P-oneカード)な理由

アフィリエイト収入と同様に、支出の方もプライベートと分けたほうが良いと思いクレジットカードを作成しました。
作ったカードはP-oneカード(standard)です。

自分の場合、記事の外注などを大きくやる予定はないため支出はかなり少ないことが予想できました。
ですので、クレジットカードを利用して決済してポイントを貯めてもまともに使用できるところまでは貯まらないだろうと思ったんですね。

この条件だったらどのクレジットカードでも一緒だろうなと思いながら探していた時に出合ったのが「P-oneカード(standard)」です。
「P-oneカード」は、クレジットカードで支払った金額が請求時に自動的に1%OFFになります。100円毎に1円割り引かれる感じですね。
もちろん年会費は無料です。

ポイントをいちいち交換したりするのが面倒な自分の性格にピッタリのカードだったので、即決でしたね。

「MFクラウド確定申告」に登録

確定申告を楽に行うには会計ソフトが必須です。

僕はこの記事↓を読んで「MFクラウド確定申告」を利用することにしました。

なぜ「MFクラウド確定申告」にしたのか

なぜ「MFクラウド確定申告」にしたのかというと、青色申告をするために使用した際にかかる年間の料金が一番安かったからです。
単純です。
いちおう無料プランで使用感を確かめて、問題なさそうだったので有料版に移行しました。

支出の仕訳

まずはわかりやすい所からやる。
出来そうなことからやる。
これコツですね。

支出の方が項目が少ないので支出からやります。

アフィリエイトに係る経費は、全て専用のクレジットカードで決済していたので非常に楽でした。
クレジットカードはウェブ明細が主流ですが、経費の証明のため紙ベースで保管しておきます。

ただし、確定申告の際は、レシート・請求明細書とクレジット明細書が経費の証明となりますので、大切に保管して下さい。紛失しないように、レシート・請求明細書をクレジット明細書と一緒にまとめておくことをお勧めします。
確定申告でのクレジットカードの注意点/会計ソフト「MFクラウド会計」

すでに明細は郵送に切り替えてあり、保存済み。
いちいち印刷するのは面倒ですからね。
過去の自分、偉い。

と思ったら2016年9月分だけない!!
そしてウェブで明細を確認できるのが過去5か月分だけ。
取り寄せるには電話するしかないようなのでサポートに電話しました。

明細書の再発行はできますか?/ポケットカード

届くのは、約10日後らしい。

領収書は必要なのか?

『クレジットカードの利用明細を領収書として代用することは可能なのか?』という問題があります。
「MFクラウド会計」のサイトには「シート・請求明細書をクレジット明細書と一緒にまとめておくことをお勧めします。」と書いてありましたが、税務調査の実体験としてレシートは必要がなかったとの記事もありました。

ちなみに私は過去、税務調査に入られたことがありますが、その時もクレジットカードの利用明細書で経費付けOKでした。特にそれに対して税務署職員から指摘をされることもなかったので、税務署としても問題がない記帳方法だということになります。
※あくまでその時、税務調査を担当した署員の判断なので、他の担当員であれば否認されるケースもゼロではありません。
クレジットカードの利用明細を領収書として代用することは可能なのか?/クレジットカードの読みもの

よし、僕はこれを信じよう。

クレジットカードで支払った経費の仕訳

クレジットカードの仕訳の基本はこんな感じです。
【例】
1月15日に消耗品 1,000円をクレジットで購入
1月17日に雑貨  2,000円をクレジットで購入
2月10日に事業用の通帳から、上記2点の合計金額3,000円が引き落とされた。

・1月15日

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
消耗品費 1000円 未払い金 1000円 消耗品購入 ポケツトカ-ド

・1月17日

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
雑貨 2000円 未払い金 2000円 雑貨購入 ポケツトカ-ド

・2月10日

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
未払い金 3000円 普通預金 3000円 ポケツトカ-ド

記帳は、原則、発生主義で行わなければならないため、クレジットカードの利用代金の引き落とし時ではなく、商品の購入日の日付に費用処理することに注意しましょう。
この場合、クレジットカードの利用時には「未払金」などの科目を用いて処理します。
引き落とし時には、「未払金」を支払った仕訳をします。
クレジットカードの利用時と引き落とし時の処理はどうするのが正しいですか?また、どのようにすれば便利に使えますか?(個人事業主の場合)/弥生

リンク先には、同じクレジットカードで個人用の買い物をしたパターンで書かれていました。
クレジットカードの使用で事業用と個人用が混ざってしまっている場合はリンク先を参照ください。

さて、あえて仕訳の「基本」と書いたのは理由があります。
それは、使用しているp-oneカードにはクレジットの利用料金の請求の際に1%の割引があるからです。
これでまた1つ、つまずいてしまいましたね。
もう何回立ち止まらせるんだホントに。

クレジットカードで現金割引がある場合の仕訳の方法

利用料金の割引については、『クレジットカードの引き落とし時に(ポイント)値引きがあったときの仕訳は?』を参考にしてこのように仕訳しました。
【例】
3月10日に事業用の通帳から、サーバー代10,000円が引き落とされた。
ただし、実際のご利用金額は10,100円で、そこから100円が割り引かれた結果10,000円となっていた。
(ご利用代金明細書には、「今回のご利用金額10,100円」「今回割引額100円」「割引後今回ご利用額10,000」となっている)

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
未払い金 10100円 普通預金 10000円 ポケツトカ-ド
通信費 100円 値引き分

例として僕の2016年12月分の経費を仕分けしたものを記録しておきます。

最初にマネーフォワードに自動で取り込んだクレジットカードの支出を未払い金へ。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
未払い金 6699円 普通預金 6699円 ポケツトカ-ド

※自動で取り込まれるのは実際に決済された金額なので、割引後の金額です。

次に、割引額を追加して修正。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
未払い金 6745円 普通預金 6699円 ポケツトカ-ド
通信費 66円 値引き分

あとはクレジットカードのご利用代金明細書を見ながら個別のご利用先を入力していけば支出は完成ですね。
・10月31日

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
通信費 800円 未払い金 800円 会計ソフト利用料 ポケツトカ-ド

・11月6日

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
通信費 1274円 未払い金 1274円 ドメイン更新料 ポケツトカ-ド

以下省略します。

現金で支払った経費は一切ありません。
それから、仕訳の手間を少しでも減らすために、今まで月々支払っていたサーバー代など出来る限り年払いに変更しました。

収入の仕訳

支出の仕訳が終わりましたので、次は収入ですね。
こちらもわかりやすい「銀行の利息」と「個人用に引き出したお金」からやっていきます。

銀行の利息の仕訳は「事業主借」

【例】普通預金に受取利息10円が入金された場合

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
普通預金 10円 事業主借 10円 決算お利息

預金口座の利息は、事業所得や不動産所得の収入になりません。
そのため、「事業主借」で仕訳します。
事業用の預金口座に利息がついたときの仕訳は?/弥生

自分用に引き出したお金は「事業主貸」

【例】アフィリエイト用の口座から生活費として10,000円引き出した。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
事業主貸 10,000円 普通預金 10,000円 生活費として引き出し

↓もう少し詳しく知りたい人は、こちらをどうぞ。

個人事業の仕訳に欠かせない「事業主貸」「事業主借」について/日野市の税理士 | 坂 有希子会計事務所

アフィリエイト収入の仕訳

↓アフィリエイト収入の仕訳は、この記事を見てください(笑)
とても分かりやすく書いてありますのでこれを見れば大丈夫なはず。

支出と同様に、自分が実際に作業した流れを記録しておきます。
ポイントは、売り上げが振り込まれた時に初めて仕訳が出来ることと、振込時に差し引かれた振込手数料を仕訳したほうが良いことですね。

【例】10月17日にA8.netから5,940円報酬が振り込まれた。

まず、マネーフォワードに自動で取り込まれたA8.netからの5,940円の入金を「売掛金」に仕訳する。
(確定してた売り上げを回収しました。ってこと)
・10月17日

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
普通預金 5940 売掛金 5940 振込 カ)フアンコミユニケ-シヨンズ

この5,940円は振込手数料が差し引かれた額なので、振込手数料を追記する。
(振込手数料はA8.netの「レポート→振込レポート」から確認できます)
・10月17日

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
普通預金 5940 売掛金 5940 振込 カ)フアンコミユニケ-シヨンズ
支払手数料 540 売掛金 540 カ)フアンコミユニケ-シヨンズ

この5,940円は振込手数料540円が引かれた金額なので実際の売り上げは6,480円。これは8月末に確定したものなので、8月31日の売り上げとして仕訳する。
・8月31日

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
売掛金 6480 売上 6480 カ)フアンコミユニケ-シヨンズ

これを他の月や各ASPでやれば完成です!
以上、「副業アフィリエイトの確定申告でやったことまとめ」でした!!
あー、疲れた。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です